あの温度、あの湿度、あの衝撃を記録するデータロガーはWATCH LOGGER

購入する

About
WATCH LOGGER

この度、日本政府より新型コロナウイルス(COVID‑19)用ワクチンを保管する超低温冷凍庫用データロガーとして株式会社藤田電製作所の「KT-155F/EX(LED)」「KT-155F」が採用されました。

ファイザー社のワクチンは「-75℃」の超低温冷凍庫、のちに導入される武田薬品/モデルナ社のワクチンは「-20℃」の低温冷凍庫で接種に対応できるよう、適切に保管・管理しなければなりません。

摂氏マイナス80度から80度まで

-80℃の超低温に対応した高性能データロガーが
大切な人の命を守るワクチンを監視します。

予約購入はこちらから

Measurement
Report

データロガーを扱うソフトウェアは一目で分かる操作性。
読み取りリーダーにデータロガーを置くと自動で測定レポートが作成されます。

Emergency
Calibration

超低温環境で温度逸脱があった場合、
赤色LEDが点灯してお知らせします。

WATCH LOGGER
Reservation

創業90年の測定器メーカーの作る信頼性。
今回、日本政府に採用されたデータロガーの事前予約を開始します。

データロガーの注意事項

PAGE TOP