衝撃ロガーにできること?

「衝撃ロガーってなんですか?」の疑問にひとつの観点からご説明します。

A5246-KT295F

 

衝撃ロガーにできること

◇対象物が「いつ」「何回」ぶつかったか? 落下したか? が分かります

 

衝撃ロガーの活用方法

◇クッション材の有り無し・先月と今月・A社とB社など、比較検証する場合

◇破損はないが、衝撃値の傾向性から予防保全する場合

◇実際に破損してしまった時の責任を明確化にする場合

牽制効果を期待する場合

 

いかがでしょうか。

今後も衝撃ロガーについての豆知識を更新していきたいと思います。

衝撃ロガーの詳細はこちらです