「WATCH LOGGER Blog」

データロガーのご質問・使い方を紹介しております。データロガーのお悩みを「検索ボックス」に入力してください!

コラム

【コラム全二回】「食中毒」発生メカニズムとHACCPへの取り組み 第一回

投稿日:2017年5月24日 更新日:

食中毒

食中毒がおこりやすい季節になってきました。 ただし、食中毒は、菌が大?に増殖した場合に感染し、少?では感染しません。

食中毒菌が増殖する温?帯は10℃?45℃で、特に30℃?37℃においては、あっという間に増殖します。 ?や食肉のサルモネラ菌は、2時間で64倍に、魚介類の腸炎ビブリオ菌は、なんと2時間で4,000倍以上にもなります。

一方、10℃以下や60℃以上で繁殖することは、めったにありません。

すなわち、増殖条件が整えば、菌はものすごいスピードで増殖しますが、逆に条件を外せば、増殖することはありません。

従って、食品物?においても、食中毒対策として、必ず?蔵庫か?凍庫に保管することが、最も需要な手段となります。 そして、さらに、それらの?蔵庫や?凍庫が正常に機能するように予防保全されていることが必要です。

厚生労働?は、2018??中に、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)を導入する予定です。 HACCPは、前半のHA(危害分析)と後半のCCP(重要管?点)に分けられます。 食中毒においては、「食中毒菌が増殖する温?帯は10℃?45℃」が、CCP(重要管?点)になります。

日々の温?管?状態において、このCCPを監視し、その記録を残すことにより、安心安全を証明できることになります。

-コラム

執筆者:

関連記事

停電した時、倉庫や冷蔵庫・冷凍庫の製品はどうする?破棄する?

日本に住んでいると避けられないのが「天災」です。 自然災害によって電気の供給がストップした時、倉庫や冷蔵庫・冷凍庫に入っている製品はどうなってしまうのでしょうか? 食品会社の方にこんなお話を聞いた事が …

図書館や書庫でデータロガーを使いませんか?

書籍・文書の保存をする図書館や書庫。最適な温湿度帯は温度15℃~20℃、湿度50%~60%(季節による)らしいです。 自動で温度・湿度を測定し「今の状態」も一目瞭然のデータロガーは非常に便利だとお客様 …

細菌どうしてますか?

これから暑くなる夏。そして元気なる細菌達。今日は人なら誰でも持っている『黄色ブドウ球菌』についてピックアップ。しかしブドウなんて美味しそうな名前が付いてますね。名前の由来はブドウの房のよう見えるからだ …

データロガーと無線の現実

データロガーを導入する際、真っ先に「無線」でやりたいという意見がでます。 確かに無線は測定箇所とは別の場所でパソコン又はスマートフォンでデータが確認できるので非常に便利です。しかし、まだまだ無線が使え …

オリンピック 温度 測りたい

明日から平昌オリンピックが開幕しますね。 そんな中、気になるニュースがありました。 「暖かくしてきて」 平昌開会式の体感温度、氷点下10度に 体感温度が氷点下10度に達する厳しい気候に備えて万全の防寒 …