GPS機能(位置情報)で測定データを取得した場所がわかります

NFC付きAndroidスマートフォンがあればデータロガーで測定したデータを取得した場所が特定できます。今回はその例を紹介します。

スマートフォンのGPS機能をオンにして、スマホアプリでデータを取得すると「経度」と「緯度」がわかります。

その数値をGoogleMAPの検索ボックスに入力すればデータを取得した場所をGPSの位置情報機能で特定することが出来るのです。

例えば輸送中に明らかに分かるトラブルがあった場合、スマートフォンでデータを取得しておけば後に証拠となります。

GPS機能搭載・GPS取得可能の機器を導入するとバッテリー寿命、導入・ランニングコストの問題等がありますが、NFC付きスマートフォンとデータロガー(Fタイプ)さえあれば、簡単でコストもかからず位置情報がわかります。